アルコホリ次郎のアルコール依存症

幼少期からの劣等感を引きずり消極的な大人になって頼れるのは酒だけでした。
アルコール依存症になって起こした様々な問題、その経緯や、生い立ちなども書きます。ちょっとずつ学んだ断酒のコツなど書いていきます。

等身大の自分で

僕が不安症・鬱・不眠症・アルコール依存症になったもっとも大きな理由は、



等身大の自分を受け容れられないことだと思う。


子供の頃から、他人の評価ばかり気にしている。


叱られないかな。

バカにされるんじゃないかな。

弱いと思われるかな。

下手だと思われてるかな。

僕は醜いのかな。



子供の頃から、僕は

「ええかっこしい」だった。


いや過去形でない。今、この瞬間も。

この文を書いてても。

「評価されたい」って気持ちはあるのは、

気付いてる。


多少はいいんだろうけど。


僕の場合、「評価されたい」が異常な執着になる。



そんな気持ちは、何をするにも、

虚しさを連れてくる。


空しさ。


空っぽだ。卑下してるわけじゃなくて、


ホントに空っぽ。


これを思うと、しんどい。ってことは、それを受け容れてない。


当然なんだけど。

最近になって、頭で知ったことだから。


実感として府に落ちるまでは、


一生かかるかも。


一生かかっても変われないかも。


多分どっちだっていい。


ずっとダメだったとしたら、

そのことを受け容れるしかない。


後であがいたって、結果が変わる訳じゃないんだし。



今日も過ごしやすい1日だった。


体調は悪くなかった(出掛ける前にソラナックスは1錠飲んだ)。


大好きな雑貨屋で楽しめた。


日馬富士が久し振りに優勝した🏆


今日もシラフで居られた。




今日はこれで幸せ。不安感も有ったけど。


明日はどんな事が起こるか。


明日の自分、がんばってくれ。等身大で。




酒だけは飲まないように。