アルコホリ次郎のアルコール依存症

幼少期からの劣等感を引きずり消極的な大人になって頼れるのは酒だけでした。
アルコール依存症になって起こした様々な問題、その経緯や、生い立ちなども書きます。ちょっとずつ学んだ断酒のコツなど書いていきます。

ヘソ曲がり

子供の頃、よく家族に言われた。


「ヘソ曲がり」


「素直じゃない」


「ふて腐れ」



子供の頃の自分の発言とか、あんまり細かく覚えてないんだけど、

否定・批判されたことは結構覚えてる。


物事をまっすぐ受け取ることができなかった。


まっすぐ信頼して、あとで裏切られるのが怖かったのかな。


これも不安の先取り。


生まれつきの素質かなぁ。


不安の先取り体質。


この消極的人生のもっとも大きな原因。


きっかけはわからない。

色々考えたけど、

両親は色々事情あったけど、

とても愛情を注いでくれたと思う。

何の脚色もなくそうだと思う。


だから、先天的なのかと思ってる。

不安の先取り脳。


関係無いかもだけど、最近母親から聞いた話。


「お父さんが自律神経失調症で入院してる間、お母さん、お姉ちゃん(長女)とお兄ちゃん(二男)連れてブラジル(母は日系二世)帰ったんだよ」


と。

末っ子の僕が生まれる2、3年前かな。


親父入院してるのに帰っちゃったのか…


何があったのかな…。



深くは訊いてない。



因みに父親は前の奥さんとの間に二人娘がいて(計5人も子供いる)、

たまーにそのお姉ちゃんが遊びに来るとすごく嬉しかった。


だけどその時は父親が離婚してて云々は

まだ理解出来てなかった。


逆に未だに気にならない。


皆色々あるし。離婚なんて普通だろうし。






ダラダラ書いてしまった…(゜_゜)


子供の頃を思い出すと、

トラウマになるような嫌なことは思い出せない(多分無い)けど、


何故か辛い気持ちになる。



断酒継続を機に色々思い出すことも書いて

向き合おうかな。