アルコホリ次郎のアルコール依存症

幼少期からの劣等感を引きずり消極的な大人になって頼れるのは酒だけでした。
アルコール依存症になって起こした様々な問題、その経緯や、生い立ちなども書きます。ちょっとずつ学んだ断酒のコツなど書いていきます。

どうなりたい?

幸せってなんですかね。


僕は子供の頃から他人から認められたい、


物が欲しい、集めたい、


他人より勝っていたい。


そんなことばっかり思っていて、そしてそれらはことごとく叶えられなかった。


望んだ自分にはなれなかった。


それで、自分の殻に閉じ籠るようになったんたと思う。


自分を憎み、人も憎み。


変化を恐れるあまり、希望をもって努力するとかいうこともさほどできなかった。



でも、どうかな。元々の希望が叶えられてたとしたら、今の僕は幸せなのか?


それはそれで良いかと思う。


だけど最近、「叶えられなくて良かったかも」って思ってる。

ムリヤリ肯定しようとかでもなくて、

ホントになんだかしみじみそう思う。


僕が死んで路頭に迷う人は居ない。


今まではこれ↑を思うと悲観的になってたけど、

なんだか、「こんな人間も居てもいいよな」 とか思う。


自分は無い。


自分と思ってるものは、自己イメージ。


自分の肉体は、自分が頼まなくても心臓を動かし、生きようとがんばってる。


そう考えたら、皿洗うことでも、ダラダライライラ仕事してることも、小さいことでクヨクヨしてることも、


ま、こんなとこかな。


って思える。


今後も辛くてうまくいかない自分みたいだけど、


そんな感じで、今の瞬間瞬間を生きれば。


言うこと無しなんじゃない?


(後半はちょっと自分に言い聞かせてるな…)