アルコホリ次郎のアルコール依存症

幼少期からの劣等感を引きずり消極的な大人になって頼れるのは酒だけでした。
アルコール依存症になって起こした様々な問題、その経緯や、生い立ちなども書きます。ちょっとずつ学んだ断酒のコツなど書いていきます。

自分は何なの

何日か前から、土曜日は西伊豆か南伊豆の海岸を散策する!と考えてた。

平日のストレスが強かったからなおさら。


しかし、昨日は仕事から帰って天気予報見ると。土曜は台風の影響とかで雨&高波&強風と。


ちょっと呆然とした。


でも取り敢えず今朝は目覚ましを4:45にセットしておいた。


で、起きたら晴れてる。

急いで出発。自宅から車で1時間ちょっとの海岸へ。最初は雨も降ったが、その後はずっと晴れて、風も波も穏やか。


3ヶ所の名所的な絶景を楽しめた。


でも、途中から神経過敏になってる自分に気付いた。


西伊豆の堂ヶ島の「天窓洞」という場所に来たとき。

そこは海の上の岩山の内部が空洞になってて、奥の天上が大きく崩落していて、そこから太陽光が差して、青の洞窟みたいな神秘的な光景が有名な場所。

そのなかは遊覧船で入って、海の洞窟から空を見上げる事ができる。

2年前に遊覧船で入ったときにエライ感動した。

今日は上から洞窟の下の海を見下ろしてみた。


そしたら、ただただおっかないだけだった(笑)

↓天窓洞


天窓洞を上から覗きこむと、真っ暗な中から、地響きみたいなドォォーン…


って波の音が響いてくる。


異常なまでに怖かった。

(昔から僕は水の音が怖い)


早朝で誰も居ないのもあって💧


そこから山を登って展望台とかに向かったんだが、とにかくビクビク。


蜘蛛の巣に直撃しては「ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!」


カナヘビがカサッと音をたてれば


「ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!」



自然に存在するものに対してなんでこんなにビクビクするのかと。


自分ってのは空気や水や他の生命で出来てるのに。


まぁそれにしても海がめちゃくちゃ蒼くてきれいだった。


歩いて汗かいたので帰ってすぐシャワー浴びた。

「こういうシャンプーだの洗剤だの使いまくってるけど、これそのまま海に流れたらすぐ汚れちゃうよな」

とか思った。


その辺からとりとめのない妄想が始まる。


それが神経過敏な時のパターン。


「他の動植物のいのちをもらって生きるほどの価値は自分には無い」

とかいう安直に自暴自棄な結論に。


そこまでいって漸く、

「ゴチャゴチャ言ってないで今に集中しろよバカタレ」

と、建て直しの思考が戻る。



…なんだか内容有りそうで内容無さそうなこと書いてるな(笑)


まぁしゃーない。


今日はちょっと癒しを「外に」求めすぎてしまった。



結構疲れちゃったな。


飲酒欲求がくすぶってる。