アルコホリ次郎のアルコール依存症

幼少期からの劣等感を引きずり消極的な大人になって頼れるのは酒だけでした。
アルコール依存症になって起こした様々な問題、その経緯や、生い立ちなども書きます。ちょっとずつ学んだ断酒のコツなど書いていきます。

生きててくれれば。

ブログほったらかしにしてたけど、

書きます。




1週間前、いつもツイッターで親しくしてる断酒仲間のひとりがスリップした。


ここのところずっと順調な様子だったので、意外だった。


でも甘かった。甘すぎだった。


2日目に「助けて」と僕に言った。


まだまだ不安定な自分に何ができるか?


でも、声を、話をする、聞くことだけでも和らぐかもしれないと思って、3日間話した。


初日は「飲むのは今日までだぞ?」っていったら


「約束する」と言ってくれた。


しかし

2日経っても、3日経っても、連続飲酒は止まらない。


飲んで、眠って、起きてすぐに飲む繰り返しが止まらない。。


「離脱症状が怖い」


「酒が目の前に無いと不安で仕方ない」


本人が自分の意思で、「今日まで❗」って決めても、

そんなのなんの役にもたたない。


本人のアルコール依存症の状態は、

予想よりはるかに重いと気付いたのは、

連続飲酒が3日続いてから。


僕の考えは超甘かった。


最初の段階で、病院(過去にアルコール依存症でかかった)に連絡するようにとは言った。


同居の親御さんも飲んでることは知ってるが、お手上げみたいな感じとのこと。



時間が経つほどに本人の苦しみは増し、

尚且つ、入院を強く拒んでいた(入院歴あり)。


なにより、本人には、最近、

とてつもなく重く、悲しい事情があったばかり。


言葉を選ばずいうと、

「それは飲んでも無理はない」というくらい。

内容は書けないけど、いつ本人が自ら命を絶ってしまうか。


無理に、「今すぐ酒棄てろ❗」

って言えない。



雑談するときは普通で、「大丈夫かな」と思えたけど、

悲しい話になると泣き崩れ・・


何にも言えなかった。

何を言ったら楽になるのか❓

頭フル回転で考えたけど


かける言葉がなかった。



「あなたは悪くない」

「入院嫌なら、入院するしないは別にして、ソーシャルワーカーに連絡だけでもしようよ」

「お母さんに頼ろう」

とかしか。。。


役立たずの自分が嫌でしかたなかったけど、

もう自分責めないよ。だってあんた、そしたら俺のこと心配するでしょ?

それで自分を責めるでしょ?

そんなの嫌だし。

それに、俺もアルコール依存症だし。






本人から3日以上はツイートない。


とにかく命だけは。命だけは。


生きててよ。頼むからさ。


それでツイッターでまた皆を笑わせてよ。


とにかく生きてればいいよ。。。



本人が悲しみでボロボロになりながらも、僕やフォロワーさんに何度も言った言葉がある↓


「私みたいにならないで」


「お酒は飲んだらダメだよ」



俺は飲まないよ。苦しむの止めたよ。



ただ、帰りを、待ってます。今も明日も。



帰ってこい